flowkey – Learn piano with the songs you love
flowkey GmbH
Free – Get on Google Play
flowkey - learn piano Android app
Woman learns how to play piano
Porträt Doro
by Dorothea Herrmann

大人になってから始めてもピアノは上達する?

年齢なんてただの数字。遅すぎることはありません。

ある日、ピアノに向かって練習していた義姉が言いました。「もっと早く始めていればよかった....」

私は笑いながら「大丈夫よ、あなたにはまだ50年ぐらい時間があるわ」と答えました。彼女はうなずいて、最近のピアノの上達ぶりを教えてくれました。ピアノで一番最初に弾きたい曲を彼女が私に教えてくれた時、私は唖然とまでは言わないまでも、本当にびっくりしたものです。

義理の姉は30代。2人の子供を持つ愛すべき母親で、これまで楽器というものを弾いたことがありませんでした。もちろん楽譜も読めません。きっと初めは「メリーさんの羊」か「ハッピーバースデー」のような簡単な曲から始めると思い込んでいました。

でも義姉は、いわゆる習い事のセオリーを全て無視したのです。彼女が選んだ最初に弾きたい曲は、ヤン・ティルセンの「ある午後のかぞえ詩(映画「アメリ」より)」。中級者レベルの曲です。しかも彼女はピアノを独学で学んでいるのです。音楽教室にも通わず、個人レッスンもつけていません。そう、彼女の先生は、インターネットなのです。

woman with laptop and headphones

しかし、周りの心配をよそに、彼女のピアノの上達ぶりには目を見張るものがあります。なぜそんな難しい曲を弾きたいの?と尋ねると、彼女はこう答えました。「ただ単純に、大好きなこの曲が弾けるようになりたいの。時間は関係ないわ。つまらない練習曲を弾くのは嫌だもの」。これは、弾きたい曲を弾くことが、いかにピアノ練習のモチベーションを高めてくれるかを示す例ですね。

早いスタートが有利とは限らない

私の両親は子供の頃、ピアノを習わせてくれました。でも、初めの数年間に習った練習曲はつまらなく、ほとんどやる気が出ませんでした。練習も苦戦し、よく幼児のようにすねて、ピアノの前で不機嫌に座っていたものです。

bored girl playing the piano

習い始めて何年か過ぎると、流行りの洋楽や好きなクラシックが弾けるようになりました。でも思春期を迎えると、他に興味を引くものがどんどん現れ、結局ピアノは全く上達しませんでした。子供の頃に楽器を習う機会を与えてくれた事を、両親にはとても感謝しています。でも、私のピアノ歴のどの時でも「ある午後のかぞえ詩」が弾けるようになっていたかどうかは分かりません。やる気がなく、集中力が散漫だったのですから。

「全ての道はローマに通ず」という通り、子供の頃から始めることだけが楽器をマスターする道では決してないのです。

脳はなんでもできる!

もちろん、プロのピアニストを目指すのであれば、幼少の頃から練習を積み重ねなければなりません。でも「好きな曲を弾きたい」という目標であれば、大人になってからでも十分達成できます。焦ることもなければ、勝ち負けを競うことも、誰かの期待に応える必要もありません。必要なのはピアノとあなたの意思だけ。ピアノの練習は、あなたにとって楽しい時間になるはずです。

楽器を習い始めるには年齢制限がある、と思っている人にたくさん会ってきましたが、そんなことはありません。私たちの脳は、何歳になっても新しいことを学べるようにできているのです。(専門用語では「脳の可塑性」とも呼ばれます)

head with musical notes in it

脳のニューロンのつながりは、大人になると子供の時ほど急速には発達しなくなります。だからといって、20歳になれば脳が即引退するわけではありません。大人になると、脳が楽譜のような抽象的な概念を把握し、手の動きに変換するのが容易になります。つまり、音楽を理解することに関しては、年を取って賢くなった方が断然有利なのです。子供のように試行錯誤に頼るのではなく、理解することによって、より早く学ぶことができます。

必要なのは、ピアノ。あとは弾きたい曲だけ。

本当にピアノが弾けるようになりたいなら、ピアノの上達を遮るのは年齢ではありません。

心に留めておくべきことをご紹介します:

  1. 心を自由にしましょう。「年を取りすぎてるから無理」なんてことはありません。
  2. 弾きたい曲で練習しましょう。
  3. 焦らないで! 楽しむことが大事で、上達速度は関係ありません。

率直に言って、私は義姉の忍耐力を本当に尊敬しています。「ある午後のかぞえ詩」を5ヶ月以上も練習しているんですよ。自分が本当に深く愛している素敵な曲は、最高のモチベーションになります。でも実際のところ、練習に時間がかかりすぎる曲は、挫折の要因にもなります。だからこそ、flowkeyの練習曲のほとんどには、初心者向けのアレンジが用意されています。自分のスキルに合った曲を見つけ、今のレベルで弾ける曲をどんどん弾いて楽しみましょう。

ピアノを始めたばかりの初心者や、もっと練習のアドバイスが欲しい方には「どんな曲でもマスターするための4つのヒント」がおすすめ。ピアノを弾くことが脳にどのような効果をもたらすのかは「ピアノを弾く事で得られるメリットと向上する6つの能力」をぜひご一読ください